Makiko's Art&Illustration blog

Art、展覧会、イラスト、本など、、いろいろ書きます。

驚くべきリアル/MOTアニュアル2014 フラグメント (2014.05.09)

東京都現代美術館にて
2つの展覧会を見てきました。

驚くべきリアル


f:id:maki2525smile:20141104184350j:plain


慶長遣欧使節団派遣400周年を記念し、2013年および2014年には、「日本スペイン交流400周年事業」として、様々な催しが行われています。その一環として当館では、スペインの90年代以降の作品にフォーカスしたカスティーリャ・イ・レオン現代美術館(MUSAC)のコレクションから「驚くべきリアル」をテーマに27作家の作品を紹介します。

スペインにおいては17世紀以降、ベラスケスやゴヤなど、リアリズムの系譜があり、80年代以降のアントニオ・ロペス・ガルシアに代表されるマドリード・リアリズムに継承されています。スペイン芸術のリアルは対象が精密に再現されているという描画上の特質を意味するのではなく、スペインの作家のリアルに対する執着の仕方から来ています。そのリアルは超自然なもの、幻想的なものまでを、日々の身の回りのものが手で触れられるのと同様に、地上に引き下ろして対話しようとする欲望から来ています。しばしばその表現は日常的な光景やモノの「誇張」(esperpento)という形でみることができます。その「誇張」は生と死との独特の緊張関係から生まれてくるといえるでしょう。「スペインでは、他のどの国よりも死者が生き生きとしている」という、詩人ガルシア・ロルカの言葉のように、死は生よりも活気をもっています。本展の出品作品には、アクティヴェイト(活性化)された死に裏付けられた重い生が、リアリズムとして表現されています。展覧会にはラテンアメリカの作家の作品も含まれており、それ自体が驚くべき特異性をもった中南米のトロピカルな風土の中で、スペイン的なリアルの感覚がどのように変容し、発酵していったかを見せていきます。



展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO


27名の作家の展示、
スペインとラテンアメリカの作品が集結。
私にはあんまり馴染みのなかった地域の
現代アートが見られて面白い。
家族のスナップ写真を基に絵画にしたものが
ちょっと不気味だったけど印象に残った。
あとは政治や治安が反映されたような
作品もあって日本との違いを感じた。
(「血の海」という単語を含んでいる文章を
集めた作品とか・・・ちょっと怖かった。)


MOTアニュアル2014 フラグメント


f:id:maki2525smile:20141104184408j:plain


「MOTアニュアル」は、日本の若手作家による新しい現代美術の動向を紹介するものとして、東京都現代美術館が1999年より行っているグループ展です。
第13回目となる「MOTアニュアル2014」では、「フラグメント」という言葉をキーワードにして、われわれの現実認識に新たな視点をもたらす6人/組の作家を紹介します。
"断片"や"かけら"といった小さな破片を意味する言葉――「フラグメント」。本展に登場する作家たちは、彼らの身の回りにある現実からこぼれ落ちたフラグメントを用いて、独自の世界を築いていきます。市販のプラスチックのパーツを際限なく組み合わせる、トランプカードや消しゴムに緻密な細工を施す、見慣れた風景のイメージを切り取り多層化させる・・・・・作家たちの手法は様々ですが、いずれも世界に溢れる選択肢の中から自分だけのフラグメントを意識的に選び取り、それとの接触を通して世界を捉えなおそうとする姿勢に特徴があります。
本来、不完全で脆弱な存在であるフラグメントは、どこか欠けているがゆえに見る者の想像力をかきたてるものですが、作家たちの接触が加わることにより、見る者を"ここ"からどこか別の場所へと誘ってくれるでしょう。
日々過剰に生み出される情報が錯綜し、多くの人が自らの処理能力や認知に限界を感じる今日。フラグメントを起点にした作家たちの手探りの実践は、新たな視点で世界とアクセスする手がかりをわれわれに与えてくれるのではないでしょうか。



展覧会|東京都現代美術館|MUSEUM OF CONTEMPORARY ART TOKYO


MOTアニュアルを見るのは2011年以来かなぁ・・・。
やっぱり若手の現代アートをまとめて見られるのは楽しい。
今回印象に残ったのは「WAVY」という映像作品。
ビル群、田園風景、高速道路etc...
移りゆく映像が折り重なっていく感じが良かった。
あと、軽石から作られていた彫刻作品はただすごかった。
(私が細かい作業が苦手なのもあるけど・・・。)
コロッセオはホントに細かくてびっくりした。