Makiko's Art&Illustration blog

Art、展覧会、イラスト、本など、、いろいろ書きます。

アンディ・ウォーホル展 永遠の15分 (2014.04.25)

2015年もよろしくお願いします。

遅ればせながら、、、今年もよろしくお願いします。\(^o^)/
なお、今年もガシガシおひとり様で美術館巡りする模様。。。


アンディ・ウォーホル展 永遠の15分 (2014.04.25)


(引き続き、2014年過去日記の更新です・・・。)


ミスター・ポップ・アート、国内史上最大の回顧展
ポップ・アートの旗手、アンディ・ウォーホル(1928-1987年)は、米国に生まれ、消費社会と大衆文化の時代を背景に活躍した、20世紀後半を代表するアーティストです。デザイナー、画家、映画制作者、社交家と多様な顔をもち、ジャンルを超えたマルチクリエーターとして活躍しました。
本展は、700点におよぶ初期から晩年までのウォーホルの作品と資料を包括的に紹介する、日本では過去最大級の回顧展です。作家の主要シリーズを網羅した本展はウォーホルを知らない人には「入門編」となります。また、《人体図》をはじめ、日本初公開の作品も多数含まれる本展は、ウォーホル通が見ても新たな発見や驚きがあることでしょう。



アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 | 森美術館


2013年の「アメリカンポップアート」展に続き
またアンディ・ウォーホルが見られるので
とっても楽しみにしていた展覧会でした。
しかも時系列で作品を見られるのって
なかなか無いのかも?しれないです。


f:id:maki2525smile:20141104183539j:plain

自画像にお出迎えされて中に入ったら、
幼少期の写真がたくさんあった。
(内向的で病弱だったみたい。)
それと合わせて、飾ってあったのが
初期作品の「靴と脚」。
(初めてちゃんと見た!)
ペンで先に線を描いて、
別の紙に転写する独特の作品で、
後のシルクスクリーンの作品に
つながるものがあったと思う。

f:id:maki2525smile:20141104183514j:plain

ベコッと潰れたスープ缶や
「死と惨過」シリーズなどなど
お馴染みのものもまた見られて良かった。

f:id:maki2525smile:20141104183530j:plain

やっぱり「電気椅子」シリーズは
見るとグルグルいろんな事を
考えちゃうんだよなぁ。


あと今回面白かったのは
「シルバーファクトリー」を再現した
空間を作っていた事。
ブリロのまたまたお馴染みの箱が
たくさん並べられてて
不思議な感じになっていた。


あと、最後にあった「タイムカプセル」に
入っていた資料?達も面白かった。
(人のコレクションを見るのってなんか楽しくて好き。)
TDKのCMに出ていたり、日本に関する資料も
たくさんあったのが印象的だった。