Makiko's Art&Illustration blog

Art、展覧会、イラスト、本など、、いろいろ書きます。

 マチュピチュ「発見」100年 インカ帝国展(2012.5.12)

母娘で行って来ました!
実際に行きたい場所の一つ。。。
まだまだ謎な部分が多くて
文化も独特ですごく興味深い所。


インカ帝国は、15世紀前半から16世紀前半にかけて繁栄したアンデス文明最後の国家。
アンデス文明史上、最大の領土を持ち、北はコロンビア、エクアドル国境地帯から、
南はチリ中部にまで勢力を伸ばした。
インカとは太陽(インティ)の子という意味で、本来はインカの王のことを指し、
インカ民族は、自分たちの国を「タワンティンスーユ(4つの部分)」と呼んだ。
13代の王がいたと伝えられるが、実在が推定できるのは第9代王パチャクティからである。
最後の皇帝アタワルパがスペイン人征服者に捕えられ処刑されたことにより、大国家としてのインカは滅亡した…。

本展覧会は、インカの王や信仰に始まり、人々、文化、彼らの帝国、
そしてスペインによる征服後にそれらがこうむった変化に的を絞って展示を構成しています。
インカの文化はアンデスという比類ないほど複雑でダイナミックで厳しい自然環境の中で生まれ育ち、その環境とひとつに溶け合って大帝国を急激に築き上げました。
彼らはどうやってそれを成し遂げたのか…
その秘密を、この展覧会を通じて感じてください。




インカ帝国展

高い山の中に
どうやって
建物作ったんだろ??
・・・とか
考え出したら
キリがない!



入って見ると
農工具やら
祭で使う人形
などなど。
生活の様子が
少し見えた(気がする。)



太陽に関連したものが
多かった!
宗教と生活が
すごく濃密な
関わり方を
していたみたい。。



織物
すごく凝っていて
結構高度な
技術があったのかな??
と思った。
(現在のペルーの
民族衣装に
通じるものを感じた。)



とにかく
見に来られて
良かった!
面白い!!
(考古学、民俗学に
少し興味あるかも。)



自分へのお土産に
トルコ石をはめこんだ
ブレスレットと
アルパカモチーフの
壁画風柄の
トートバッグを
買いました♪♪(´ω`*)