Makiko's Art&Illustration blog

Art、展覧会、イラスト、本など、、いろいろ書きます。

 レンブラント 光の探求・闇の誘惑 展

 このたび、2011年3月から国立西洋美術館(東京・上野公園)、つづいて6月から名古屋市美術館(名古屋・白川公園)にて、『レンブラント 光の探求/闇の誘惑』を開催する運びとなりました。

 レンブラント・ファン・レイン(1606-1669)は、黄金の世紀と呼ばれた17世紀を代表するオランダの画家であり、
古くより「光と影の魔術師」「明暗の巨匠」と呼ばれ、光の探求や陰影表現、明暗法を終生追求した作家でした。
 本展は、版画と絵画におけるレンブラントの「光と影」の真の意味を再検討しようとするもので、オランダ・アムステルダムレンブラントハイスの協力のもと、アムステルダム国立美術館、大英博物館ルーヴル美術館などが所蔵する世界中の重要なレンブラント作品で構成されます。レンブラントハイスはアムステルダム中心地にある、かつてレンブラントが住んでいた家を美術館に改築したもので、そこにはいまも当時のアトリエなど、画家の面影が残っています。
 レンブラントの明暗表現を考察する上で重要な役割を演じた版画と絵画を取り上げ、その初期から晩年にいたる作品まで、オランダの巨匠レンブラントがどのように明暗表現に取り組んだかを辿ります。約110点の版画を中心に、レンブラントの明暗表現の特徴を示す約15点の絵画と素描を加え、また版画作品のうち約30点は和紙に刷られたものを展示します。レンブラントは1647年頃から当時のオランダの東インド会社を通じてもたらされた和紙を使い始めました。遠い異国の地の日本の未知の紙がレンブラントの明暗表現にとってどのような役割を果たしたのかといった視点からもレンブラント芸術を解き明かします。
 レンブラントによる「光の探求」、そしてみるものを惹き付けてやまない「闇の誘惑」、レンブラントが追求した光と影の芸術の世界にどうぞご期待ください。




レンブラント 光の探求/闇の誘惑|国立西洋美術館


白黒の版画
なのに・・・
ここまで
光と闇の
明暗を描ける人って
いるのかなぁ・・・??



たしか・・・
フェルメール
ほぼ同じ時代??の
画家だし・・・
この時代は
光の描き方の探求を
してきたんだろうなぁ・・・。



宗教的な作品も
たくさんあって・・・
いろいろと
試行錯誤しているような
過程もみられて
面白かったなぁ・・・。



関係ないけど
CA4LA
コラボしていた
ベレー帽・・・
本気で買おうか
迷ってしまった・・・
(´・ω・`)



最近は
アート関連グッズが
充実してきていて
財布の紐が
ゆるみっぱなしだわぁ・・・。





********************



また (´ω`) あした
★人気ブログランキング★
応援よろしゅう★



********************