Makiko's Art&Illustration blog

Art、展覧会、イラスト、本など、、いろいろ書きます。

 *六本木アート散歩*2 (2011.2.20)

六本木美術館めぐり
2ヵ所目は21_21 DESIGN SIGHTへ*



倉俣史朗エットレ・ソットサス」展


日本を代表するデザイナー 倉俣史朗(1934.11.29-1991.2.1)と、イタリアデザイン界の巨匠 エットレ・ ソットサス(1917.9.14-2007.12.31)。二人の交流は、1981年、デザイン界に衝撃を与えた「メンフィス」(*1)プロジェクトをきっかけに始まりました。モダニズムに息苦しさを感じていた二人は、ソットサスは西欧的 イデオロギーを背景に、倉俣は日本的感性をもって、デザインという言語で語り合い、夢を見、美を 探求し、友情を育みながら、創造の可能性を探り続けました。表現の異なる二人ですが、ともに、機能性や利便性を超えて、生活に喜びと驚きをもたらすデザインを求めたのです。

本展では、倉俣史朗の1981年から10年間の透明感に溢れた希少な作品約60点と、ソットサスが最晩年に残した、多くの作家を触発したネイティブ・アメリカンのオブジェ「カチナ」が主題のドローイングをもとに、新たに制作された世界初公開作品約20点を紹介します。行きすぎた市場主義や物質社会の再考が求められる現在、デザインやものづくりの意味が大きく変わろうとしています。夢と愛に満ちた二人の 仕事を通して、限りなく自由で生き生きとした「デザイン」に改めて出会う、新鮮な体験をお楽しみ ください。

(*1) 戦後の高度経済成長が一息ついた1980年、エットレ・ソットサスを中心に若手デザイナーや建築家によって結成された デザイングループ。1981年に第1回「メンフィス」展を開催、センセーションを呼び、その後80年代の建築・デザインに多大な 影響を及ぼす。主なメンバーはミケーレ・デ・ルッキ、マッテオ・テュン、マルコ・ザニーニ、日本からは梅田正徳



21_21 DESIGN SIGHT


「ミス・ブランチ」の
曲線美が
キレイすぎて
みとれてしまいました。
(*´Д`)



「カチナ」は
一転してどことなく
POPな感じが
しました。



実際に購入可能な
作品もあるみたいです。
********************



また (´ω`) あした
★人気ブログランキング★
応援よろしゅう★



********************