Makiko's Art&Illustration blog

Art、展覧会、イラスト、本など、、いろいろ書きます。

 *日比谷・銀座散歩*


日比谷と銀座のギャラリーを
めぐってきました。(´ω`)


会田誠天明屋尚山口晃

誠がいく、尚がいく、晃がいく
―ミヅマ三人衆ジャパンを斬る―

日本の現代を描く、傑出した3人のアーティストの作品を展示いたします。
日本人が培ってきた美意識と、研ぎ澄ましてきた技。その歴史の流れの上に立ちながら、新たな美術を切り開く彼らの活躍はめざましく、国内外で注目を集めています。

三人三様、時に挑発的、挑戦的な作品は、我々の社会や時代、歴史認識、あるいは美術の制度、美術業界といったものに対して、鋭い刃を突きつけます。圧倒的な表現で、ただ美しいだけではない美術の側面を、人間の姿を見せつけるのです。

「COOL JAPAN」などと海外からもてはやされるトレンドにも、バブルで浮き沈みするアートマーケットにも、冷ややかな視線を投げかけます。我が国はいまだに、「YOKOSO JAPAN」などといったステレオタイプで時代錯誤的、自虐的な自国のキャンペーンを恥ずかしげもなく打ち出しています(平成21年度冬)。そんなJAPANを斬る、3人衆の作品です。
主催:高橋コレクション日比谷実行委員会
特別協賛:三井不動産株式会社
協力:高橋龍太郎事務所、医療法人こころの会
プロデュース:内田真由美、児島やよい
Organized by:Takahashi Collection Hibiya Organizing Committee
Sponsored by:Mitsui Fudosan Co.,Ltd.
In Cooperation with:Takahashi Ryutaro Office,Kokoro no Kai
Produced by:Mayumi Uchida,Yayoi Kojima

TAKAHASHI COLLECTION

個人的に
ミキサーの作品が
気になって
じっ・・・と
見入ってしまいました。w




*2010年ADC展

ギンザ・グラフィック・ギャラリーの7月恒例企画<2010 ADC展>の季節となりました。

今年も、2009年5月から2010年4月までの1年間に発表されたポスター、新聞・雑誌広告、エディトリアルデザイン、パッケージ、CI・マーク&ロゴ、ディスプレイ、テレビコマーシャルなど多様なジャンルからの約10,000点の応募作品の中から、77名のADC会員によって厳正な審査が行なわれ、グラフィック、広告作品の最高峰ともいえるADC賞が選ばれました。ADC(正式名称:東京アートディレクターズクラブ)は、1952年の創立以来、日本の広告・デザインを牽引する活動を続けており、ADC賞は、その年の日本の広告・デザイン界の最も名誉あるものの一つとして注目を集めるものです。

本展は、この審査会で選出された受賞作品、優秀作品を、11月末の『ADC年鑑』(美術出版社刊)刊行に先駆け、ggg[会員作品]、G8[一般作品]の2つの会場でご紹介いたします。

アクセスエラー | DNP 大日本印刷株式会社

2010 ADC展 リクルートの2つのギャラリー

広告・エディトリアル
コマーシャルなど
デザイン界の今が見られて
刺激になりました。



********************



また (´ω`) あした
★人気ブログランキング★
応援よろしゅう★



********************