Makiko's Art&Illustration blog

Art、展覧会、イラスト、本など、、いろいろ書きます。

 イッツァ・メアリーズ・ワールド

去る10月5日。。。
メアリー・ブレア展を
見に行ってきました。


 メアリー・ブレア(1911年−1978年)は米国オクラホマ州で生まれ、大学在学中に水彩画家としてそのキャリアをスタートさせました。しかし、卒業後は世界恐慌のあおりを受け思ったような仕事につけず、幾つかのアニメーションスタジオを経て1939年にウォルト・ディズニー社に入社しました。

 そこでウォルト・ディズニーと出会い、彼女の才能が開花。「シンデレラ」(1950)、「ふしぎの国のアリス」(1951)、「ピーター・パン」(1953)など、いくつもの作品のカラー・スタイリストとして、素晴らしい色彩感覚を生かした功績を残しました。米国でも、まだ働く女性には厳しかったと言われる時代に、実に多くの作品に関わり、広く尊敬を集めたのです。
 大人と子供の目線がミックスされ、見る人に純粋な喜びを伝える彼女のアートセンスは独特な魅力に溢れ、当時のディズニー作品のみならず、現在でも多くのアニメーション作家に影響を与え続けています。




東京都現代美術館のページ



メアリー・ブレア展のページ(日本テレビ)


天気悪いのに・・・・・・
最終日なせいか
行きも帰りも
人でたくさん( ´_ゝ`)



でも、そんなの関係ねぇ!
と言わんばかりに
引き込まれてゆくアタシ・・・・・・



撮影OKなエリアもあって、
ちびっこが撮影してて
かわいかったなぁ(´∀`)

カメラ持って行って正解ミ★



ディズニー社に入って
作風が確立された感じなのかな。




かわいくて夢があって
不思議な世界でした。
色使いとか勉強になった。






**********************



素敵な世界でしたッヽ(・∀・)ノ゜+.゜
★人気ブログランキング★
応援よろしゅう★



**********************